読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

【医療保険】は必要ない

 

うちは癌一家

f:id:happy-rikon:20170415005728j:plain

私が今加入しているのは、女性のがん保険ひとつだけです。10年以上前に、乳がん検診でしこりが見つかったのがきっかけでした。結果大丈夫だろうということだったのですが、何となく嫌な予感もしたので、女性のがんの保険に加入しました。
 
保障内容は簡単なもので、掛け金も年間1万円です。もちろん掛け捨て。ちょっとしたお守りですね。
 
結果、10年以上経って、ありがたいことにまだ癌にはなっていません。ただ、嫌な予感は全く外れていなかったのか、その後乳腺症ということは判明し、半年に1回の検診は欠かせません。
 
私はまだ癌になっていないのですが、父が2回、母が1回なりました。二人とも元気です。
 
両親の入院を経験して、「あぁ、保険に入っててくれて助かったなぁ。私も医療保険入った方がいいのかなあ。」と考え始めました。何か目ぼしい保険はないかと、いろいろ調べ、申し込み書まで送ったりしたのですが、私は乳腺症に加えて、子宮筋腫子宮内膜症との診断も出ているので、入りたい保険には入れませんでした。
私の条件でも入れる保険だと、予算を超えるし。

 

でも、今思えばよかったです。なぜなら、医療保険は必要ないと、今は思うんです。これはあくまでも私個人の考え方です。賛否あるかと思いますが、ひとつの意見として参考にしてください。
 
 

医療保険に入らない理由

 
念のため先に書いておきます。保険全般が必要ない、とは言いません。例えば、私はバイク通勤なので、自動車保険(バイク用)に加入しています。海外旅行に行くときは、海外旅行保険を購入します。火災保険はもちろんのこと、地震保険にも加入しています。前述のとおり、簡単ながん保険にだって入ってます。
 
では、なぜ医療保険だけ加入しないのか
 
まずは両親の入院経験が大きく影響しています。父は手厚い保険に加入しています。癌2回とそれ以外にも入院をしていますが、そのたびに手当てをしっかり受け取ることができています。
 
母は、父ほど手厚い保険ではありませんが、癌で入院した時はしっかり手当てがありましたし、熱中症で入院した時も少しは受け取れました。
 
ただ、今時の入院ってびっくりするぐらい短期間で退院するんです。大腸がんでも入院は5日間尿道がんもそんなもんでした。だから、よくパンフレットで売りにしている「入院日数無制限」などは、あんまり必要ない気がします
 
父は2ヶ月ほど入院したことがあり、もちろんすべての入院が短期間で済むわけではないことはわかっています。でも、病院側も一般的には早く退院させたいようなので、ありがたいことです。1日でも早く退院した方が、費用は安くすみますから。
 
いや、そうは言っても、数日間だって入院すれば費用がかかるし、手術代だって高いだろうし!と思いますよね。それはそうなんですが、日本には国民健康保険という素晴らしい制度があります。
 
国民健康保険に加入していれば、1ヶ月の医療費が一定の金額を超えた部分は、後から「高額医療費」として払い戻してもらえます(要申請)!だいたいの人は、1ヶ月に支払う自己負担の限度額は80,100円です。条件によっては、もっと少なくてすむ人もいます。
 
月をまたぐ入院だと泣きそうになりますが、それでも丸々2ヶ月以上の入院を必要とするほどの病気やケガはまれでしょうから、とりあえず16万円ほど用意しておけばひと安心です。
 

f:id:happy-rikon:20170415010515j:plain

いやいや、でも先進医療を受けたい場合はどうするの?高額医療費には含まれないでしょ?と思われた方。残念ですが、それはそうでしょうね。そこまで心配なら、やっぱり手厚い医療保険に入ることをおすすめします。
 
 

心配なんて底なし

 
でも、いろいろ心配し始めると、きりがないと思いませんか?保険だってタダではないし。むしろ高いし。どこかで折り合いをつけないと、なんぼあっても足りません。
 
私は心配するよりも、予防に専念したいと考えます。普段から、正しい食生活を心がけ、十分な睡眠をとり、適度な運動を続けて、それでも病気になったら仕方ないです。
 
医療保険に入っていない」からこそ、健康には人一倍気をつけることができます。
 
 

まとめ

 
上記は本当に私の個人的な考えです。医療保険を否定するつもりは、毛頭ありません。実際、両親は医療保険の恩恵をたっぷり受けさせていただいています。でも、何度入院しても、「まだ支払った方が多いし」と母は言います^^。
 
医療保険に入るか入らないかは、自分が気持ちよく過ごせる方を選ぶべきですね。医療保険が無いことに不安を抱いて過ごすぐらいなら、しっかりした保険に加入して毎日安心して過ごす方が健全です。
 
医療保険に入っていることで、家計が圧迫されてストレスを感じるくらいなら、入らない方が心は安まるはずです。
 
守るべき家族がいるのか、いないのかでも大きく変わってきます。
 
みなさんも、当たり前のように医療保険料を毎月納めていると思いますが、一度それについて考えを巡らせてみてはいかがでしょうか?