読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

何を節約するべきなのか

離婚をきっかけに考えるように

 

 

私は離婚後、ひとりで老後を迎える覚悟を決めました。

今後絶対に再婚はしない、とかいうわけではないんです。

でも私にはひとりがあっているような気もします・・・。

 

 

未来のことなんて誰にもわかりませんが

ひとりでも老後を楽しめるものにするために、まずは

お金のことを考えはじめました。

 

 

 

 

 

まずは節約

 

 

節約をするにあたって、とても参考になった本があります。

横山光明さんの『節約の9割は逆効果』です。

この本にも書かれていますが、日々の食費などの経費を

10円単位で一生懸命に節約するのではなく、毎月かかる固定経費を

見直すことの方が大切なんです。

 

 

 

もちろん、日々の必要経費を10円でも1円でも安く済ませられるように

スーパーをはしごしたりすることは尊敬するべきことです。

でも、残念ながら節約効果を考えるとそれほど大きくはないんです。

 

 

f:id:happy-rikon:20170318192459j:plain

 

毎月の固定経費を見直す

 

 

私は残念ながら、すでに格安SIMカードの利用者なので

スマホの利用料は格安です。毎月2,000円以下です。

まだ格安スマホに変えていない方は今すぐ変えることをおすすめします!

固定経費が激減しますよ~。

格安SIMに関しては、また別の日に詳細を書きます。

 

 

f:id:happy-rikon:20170318192939j:plain

 

 

 

ということで、スマホは数年前にすでに見直し済み。

次に私が目をつけたのは、スポーツジムの会費です。

現在の会費は月に4回まで通えるコースで 5,940円。

きちんと週一のペースで通っています。

無駄にしているわけでもないし、老後を健康に過ごすためにも

適度な運動は継続して続けていくべき。

 

 

 

そこで私が考えたのは、スポーツジム会費を月2回コースに変更し

その変わりに自分でできる運動を始めようということでした。

 

 

 

私はもともと運動が大好きです。冬にはスノーボードやスキーを楽しんでいます。

しばらくテニス教室にも通っていました。

でも一番苦手な運動がランニング。

走るとすぐに横っ腹が痛くなるし、昔からとにかく走るのは大嫌い。

 

 

 

そんな私が、楽しい節約生活のために選んだエクササイズがジョギング。

手軽、簡単、費用がかからない・・・ジョギングがベストな選択だと思いました。

激しすぎるランニングはすぐに投げ出してしまいそうだったので

ゆ~っくり走る「スロージョグ」に挑戦することに!

 

 

 

スポーツジムの会費を変更してもらう前に、とりあえずお試しとして数日間

走ってみることにしました。

幸い、うちの近所には河川敷があって、歩行者自転車専用道が整備されています。

そこを2日間走ってみました。

 

 

 

早めに歩いている人より下手したら遅いかも?ぐらいのスピードで。

ゆっくりゆっくり。

それでもウォーキングよりもカロリー消費が高いそうです。

 

f:id:happy-rikon:20170318192534j:plain

 

 

今までの私なら、まずは恰好から!とか何とかいって、新しいシューズや

かわいいランニングウェアを買いそろえていたでしょう。

でも今の私は一味違う!浪費はしませんっ!

家にあるスエットパンツとフリース、ベースボールキャップ、といういでたちで

走っています。

 

 

 

スロージョグ、本当に心からおすすめですよ。

本気で走ることが嫌いな私が気持ちよく走っています。

河川敷で風を感じ、木々や花を眺めながら、ゆっくりゆっくり走ります。

 

 

そうして、2日間のお試し期間はなんなくクリア。

現在は、月曜、火曜に走って、水曜はお休み。木曜、金曜に走って土曜はお休み。

日曜はスポーツジム、というペースで続けています。

 

 

 

数週間問題なく走り続けているので、スポーツジムに会費の変更をお願いしました。

来月からは月2回だけのジム通いです。

会費は5,940円 → 3,564円へ!!

なんと、毎月2,376円も節約できます。

それに、今までよりも貴重なジム日。一回の利用を有効に使えそうです。

 

 

 

楽しい老後とは

 

 

私が理想とする楽しい老後は、贅沢はしないけれど経済的に困窮せず、

さらに健やかに元気に過ごせることだと思っています。

だから、健康にもしっかり気を配っていきたいと思います。