離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

Me time, me day(自分を楽しむ時間)

 

中学生の頃から、人付き合いが面倒だった

f:id:happy-rikon:20170530122214j:plain

先日、姉とおしゃべり中に、姉のお友達の話を聞いていて、「あ、私もそういうところある!」と自分を再発見したことがありました。そのお友達は、簡単に言うと、お友達との約束などをブッちしてしまうことが、以前はよくあったということ。

 

私は連絡をせずにブッちすることはなかったですが(気が小さいので)、「やっぱり面倒だし、行きたくない!」という気持ちが、「約束したし、行かないとなぁ。」という気持ちに勝ってしまうと、体調の不調などを理由に(ウソなのですが…)、お断りするということはよくありました。
 
でも、何とか約束の場所やイベントへ行く場合も、「あぁ、何で行くって言ってしまったんやろう…」と思いながら、重い脚を引きずって出掛けることがほとんどでした。行けば行ったで楽しむのに…。
 
これは、もうそういう性格なんでしょうね。何かのお誘いを受けた時などは、本当に気持ちも盛り上がって、「行きたい!」ってなるんです。でも、時間が経てば経つほど、面倒くささがどんどん勝ってくる。
 

そんな私には『Me time』が大切

英語でよく「me time」とか「me day」とか言います。そのまま、「自分の時間」、「自分の一日」という意味なのですが、つまり、自分自身を楽しむ時間の事です。すごく社交的な人たちには、寂しい感じに聞こえるかもしれませんが、まったくそんな感じではないんです。自分が自分と遊ぶ感じ?ひとり旅が好きな方たちには、わかってもらえるかも…。
 
歳をとってくると、若いころのように、心に無理を感じてまで、たくさんの友達を作る必要性を感じなくなるんです。気楽に何時間でもおしゃべりを楽しめる、大切な友達が数人居ればそれでいいと思うようになりました。
 
学生の時は、クラスに馴染めるように、会社勤めの時は、会社に馴染めるように、と長年がんばり続けると、そんな環境ではなくなった時に、タガが外れるというか…^^;。離婚も間違いなく、タガが外れた大きな一因です。離婚後は特にひとりが楽しすぎて
 
ただ、私は『me time』が多すぎるのか、姉には「友達も大事やでぇ」と諭されました^^。確かにそうなんです。ひとは一人では生きていけないと言いますからね。でも、数人の友達が居れば十分かもしれません。その代わり、その数人とは、ずっとずっと仲良くしていたい、大事な友達です。姉も大切な友人のひとりですし。本当に十分に恵まれています
 
 

まとめ

 
なぜだか最近、人付き合いに疲れを感じている方!それでもいいと思いますよ。無理してたくさんのお友達をキープしなくても、『Me time』を楽しんでみてはいかがでしょうか?
広告を非表示にする