離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

今までにやった副業(その2)

 

サーチエンジンのチェックみたいな仕事

f:id:happy-rikon:20170522223012j:plain

昨日の記事では、まとめサイトのキュレーターの仕事について書きました。今日は、それよりさかのぼって…5、6年前にやっていた、ユニークな在宅ワークについて書きたいと思います。(それにしても、最近は何でも5、6年前と言っている気がします。歳と共に時間の感覚がおかしくなっているようです…)
 

 

そのユニークなお仕事とは、Googleサーチエンジンのチェック作業です。Googleに雇ってもらってたわけではありません。そのお仕事を下請けしてた会社なんでしょうね。仕事内容は、専用のサイトにアップされている、検索結果を確認して、検索ワードどかけ離れていないかを調べていくというもの。
 
このお仕事で大変だったのが、その専用のサイト/システムや、数あるチェック方法に慣れることでした。シンプルなチェックの場合は、私たちが通常検索した時のように、トップ10ぐらいの検索結果があり、その検索結果を上から順に評価していきます。
 
他には、画像検索結果のチェックだったり、2種類の検索結果が横並びで表示されて、どちらが良い検索結果といえるかを選ぶという仕事もありました。また、なぜその検索結果が悪いのか、その理由をレポートしなければなりませんでした。
 
チェックするサイトは日本語サイトでしたが、雇い主の会社がアメリカの会社だったので、専用サイトのシステムや、トレーニング、レポートなど、全て英語でした。
 
私は、実は英語が得意です。なので、この仕事は、たまたま日本のバイトサイトで「英語」を検索ワードに入れた時に見つけました。その時は、日本人のチェック要員を大量に募集していたようで、運よくこの仕事にありつけました。
 
たしか、1年近く続けていたと思います(期間についてはちょっと怪しいですが)。たくさん仕事をこなせば、とても割良く稼げるお仕事だったので、多い時には、月10万円以上いただいていました。ただし、本業で全然稼いでいなかったので、その副業の収入でぎりぎり生活できました。ありがたい。確か時給にして2,000円ぐらいだったと思います。
 
でも、「稼げる仕事」というのは、まぁラクな仕事のわけはないですよね。ノルマのような数字があったので、必死で取り組みました。根を詰めてやるものだから、ストレスはたまるし、眼、肩、腰が痛くて辛かったです。
 
辞めることにしたのは、やっぱりカラダが辛かったのが一番の理由。もう少し稼ぎたい気持ちもありましたが^^;。でも、辞めて正解でした。ストレスから解放されて、カラダもウソみたいにラクになりました。そして、そのころには、本業の収入だけで、細々と暮らしていけるようになっていました。
 
 

まとめ

 
私はたまたまのめぐり合わせで、この「サーチエンジンの検索結果のチェック」という、存在さえも知らなかった仕事にたどり着きましたが、世の中にはいろいろな仕事があるもんですね。
 
この仕事も、本業の職場で空き時間にやらせてもらえたのが、一番の利点でした。在宅ワークは、家でも、どこでも好きな場所でできるという、大きな利点があります。
 
でも、本当に疲れる仕事でした。仕事なんて、何でも疲れるもんだとは思いますが、肩こりや頭痛は辞めたとたんになくなりました!
 
さっと調べたところ、今現在日本ではこの仕事を募集していないようです。でも、ご興味のある方は「Lionbridge」という会社のサイトをチェックしてみてください。タイミングが合えば、また日本でも募集がかかるかもしれません。
 
この仕事をやっていた時のことを思い返すと、やっぱり副業って大変だったなぁ、としみじみ思います。私は必要に迫られてやっていたのですが、ひとつの収入でなんとかやりくりして、それで大丈夫なら、二度と副業はしたくないものです…^^;。
広告を非表示にする