離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

まめにすることで結果的にラクできる

 

まめに掃除

f:id:happy-rikon:20170428120015j:plain

 
家族全員がA型という、A型ファミリー出身の私は、家族の中でもおそらく一番几帳面です。歳とともに自慢の几帳面さにも陰りが見えてきて、面倒くさがりのレッテルを友達に貼られていますが、基本は几帳面。誇り高き神経質

 

 
ちょっと話がそれますが、世間的な風潮で「リラックスした人は善、几帳面は悪」的なところがありませんか?きれいにまとめたノートを見て、褒めてくれているつもりでしょうが、「めっちゃ几帳面なノート~。」というその言い方にとげがある。と感じている私のこんなところが神経質なんでしょうか?
 
話を戻します!まめに掃除です。私は几帳面なので、掃除もあまり苦ではありません。嫌いではありません。でもこう言うと「え~、じゃあ私の家の掃除して~」と言ってくるゆるい系のひとびと。「なんでお前の家掃除せなあかんねん。」ですよ。
 
いくら掃除が苦ではないといっても、それは常に、まめにきれいにしている家に限ってのことです。「え~、じゃあ私の家掃除して~」という人は、掃除が嫌いな人なので、きっとまめに掃除してないでしょう?そんな家、私も掃除したくないです。^^
 
性格の違いだと思いますが、徹底的に散らかるまで放置しておいて、スイッチが入ったらものすごくきれいに掃除するタイプの人も結構いますよね。でも、それは私にとっては、考えただけで疲れる掃除です。きっと洗剤やらもたくさん消耗するでしょう。かなり汚れているのですから。
 
普段からまめに掃除しておくことで、掃除用具の消耗も劇的に減ります。わかりやすいのは、キッチン回り。一度、元夫のマンションのキッチンの換気扇を掃除したのですが、もう油がこびりついて、カッチカチ。どうがんばっても、長時間マジックリン液につけ置きしても、まったく歯が立たなかったです。
 
そこまで放置すると、ダスキンさんにお願いしたり、最悪換気扇を新調することも考えないといけないかもしれません。大出費です。
 
でも、キッチンのコンロ周りや換気扇も、使うたびにささっと拭いておけば、なかなか汚れた状態になりません。おすすめは「セスキの激落ちくん」。これで、料理をする度に、ささっと拭いておけば、マジックリンの出番はなかなかやってきません。

 
トイレもお風呂も同じです。トイレは毎回ではないですが、結構な頻度で使用後にトイレマジックリンをシュシュっとかけておきます。すると、なかなかよごれません。週に2回は、ブラシでゴシゴシ。その内一回は、トイレ全体をきれいに拭き掃除。うちのトイレはいつもぴかぴかです。
 
お風呂は、お風呂につかりながらぼ~っと床や壁を観察。気になる汚れが見つかれば、すぐにバスマジックリン。ブラシでちょこちょこっとして、あとはシャワーで流す。どんどん目が肥えてきて、もうなかなか汚れが見つからない毎日です。^^
  
 

まめにメンテナンス

 
私の通勤のお供は「Dio 110」というバイクです。今の家に引っ越した時に、通勤に必要となり、新車で購入しました。正確には、引っ越して1週間ほどは、古いバイクに乗っていました。しばらく友達の車庫に預けていた同じようなスクーターなのですが、メンテナンスを怠っていたことと、中古で購入してその後長年私の足となってくれていたので、もう寿命でした。私がそのバイクで通ると、誰もが振り返るほどの騒音と異臭を放つようになってしまったんです。
 
なので、新車購入。このバイクには、10年、15年頑張ってもらいたいので、メンテナンスはしっかりしていこうと誓いました。以前のバイクでは、面倒くさくて本当にまれにしかしなかったオイル交換も、きっちり定期的に行っています。
 
家に泊めておくときは、日焼けをしすぎないように、そして防犯のために、毎晩カバーをかけています。ちょっと面倒ですが、長持ちさせるために!
 
職場の駐輪場に停める時は、季節によって太陽の具合を見て、影になるところに選んで停めています。
 

まとめ

 
普段から、まめに掃除したり、チェックしたりすることによって、大きなトラブルや、面倒くさいシチュエーションを回避できる確率はぐんと上がると思います。物は長持ちするので、結果、節約にもつながります。
 
物でもこまめに手をかけてあげると、愛着もわきますし、大切に長く使うことができます。みなさんも、まめ生活、ぜひお試しあれ。
 
広告を非表示にする