読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚してよかった。将来の不安なんて吹き飛ばせ!

40代バツイチ、おひとりさまでも楽しく老後に備えるブログ

スポンサーリンク

心も身体も頭も柔軟に

 

朝のジョギング

f:id:happy-rikon:20170419013310j:plain

1ヶ月ほど前に始めた「スロージョグ」。週に3回、または4回のペースで続いてます!走ることが何より嫌いだった私が!自分でもびっくりです。心も身体も少しずつ変化してきました。
 
残念ながら、3キロ増えた体重は変わっていませんが、体力がついてきたのを感じます。もともと運動が好きな私は、体力にもそこそこ自信があったのですが、40代に突入すると、大好きなスキーやスノーボードをしている時でさえ、すぐにへばってしまうほど体力は低下しました。基礎代謝も低下して、ダイエットの効果がさっぱりになりました。
 
でも、少しずつ走れる時間が長くなってきてるんです。最初は30分が目標でしたが、今は35分~40分走って5分のクールダウン。気持ちよく汗をかいています。基礎代謝も上がっていけばいいなぁ。
 
日々の運動量が増えると、心が整えられてきている気がします。まずジョグ前のストレッチ。室内で行いますが、猫たちにからまれながら、ゆっくり身体のパーツを伸ばします。ストレッチはゆっくりすればするほど、心も落ち着いて、走りに行くのが楽しみになります
 

 

ストレッチも毎日続けると、身体全体が少しずつ柔らかくなっていくのを感じます。これから歳をとるにつれ、身体はどんどん硬くなっていきます身体が硬いと、けがをする確率は増えるでしょう。雨で走りに行けない時も、柔軟体操だけはしっかりやろうと思います。
 
身体だけでなく、歳をとると、気持ちも頑なになっていくことが多いでしょう。長年で培った知識や経験が、頑固な性格となって表れる。プライドが邪魔をする。そんな状況はぜひとも避けたいです。私はひとり暮らしなので、間違いを指摘してくれる人がすぐ近くにはいません。今のうちから、頭も心も柔軟に保っておけるように、常に気を付けようと思います。
 
 

ジョグ中に少しニヤニヤしてみる

 
私の目標は、長距離を走ることでも、スピードを上げることでもなく、長い時間走ることです。だからできるだけゆっくり、気楽に走るように心がけているつもりです。
 
でも、ちょっと気を抜くと、気合が入りすぎるんです。気を抜くと気が入る…矛盾してますね。でも、スローを心がけているということをついつい忘れて、うっかり歯を食いしばって、こぶしをぎゅっと握って、足の運びを速めているんです。
 
それでは、すぐに体力を消耗してしまうし、楽しさも半減。しんどい思いをすると、次の日に走るのが嫌になってしまいます。
 
そう!今まで走ることが大嫌いだった理由はここなんです!走る=必死、と思っていたし、ずっとそうして来たので、走るのを楽しめたことがなかったんです。
 
だから、「あかん、あかん」といいながら、まずちょっとニヤニヤしてみるんです。走りながら。わざとですよ。すると肩の力が抜けます。ぐっと握りしめたこぶしも緩みます。足首に入れていた力も抜けます。強張った口や頬も緩みます。そうすると、ふにゃふにゃの身体で楽に走ることができるんです。
 
ラクに走ると長く走れる。長く、ラクに走ると、楽しめる。楽しいから続けられる。正のスパイラルが止まらない!
 

f:id:happy-rikon:20170419013853j:plain

 

まとめ

 
ジョグ中だけに限らず、常日頃から、気が付いたらニヤニヤ、ニコニコしてみようと思います。人間って、微笑んでいる時には悪いことや悲しいことなんて、そうそう考えられません
 
ニコニコしながら、肩に力を入れることは困難です。ニコニコすると、身体の力が抜け、心の力も抜け、頭の頑固さも抜けていくと思います。
 
老後を楽しく過ごすために、今から力を抜く練習をしていこうと思います。